So-net無料ブログ作成

ゴーヤレシピ人気ランキング《栄養・効果・効能》【簡単レシピ】 [ゴーヤ料理]

ゴーヤは、独特の苦みが特徴ですよね。

ゴーヤは、ニキビに効果があったのは、
知っていましたか?

それだけではありません!!

女性の美容に取っても大切なものが、
こんなにも入っています。

その効果は…?
【スポンサーリンク】


↓↓

【ゴーヤの3大美容パワー!】

(1)脂肪燃焼を促進!
ゴーヤの種に含まれているリノレン酸が
リパーゼ(脂肪分解酵素)を活発にしてくれます。

食事制限・運動にあわせてゴーヤの種を使ったお茶は、
ダイエット効果が高い!

(2)美肌効果抜群
シミ・そばかす・ニキビ予防に良いビタミンC・葉酸・鉄が多く、

しかも!

ゴーヤに含まれているビタミンCは加熱しても壊れにくいので、
多くの種類の料理に活用できます。

余分な熱を取り除く作用があり(清熱類)、
熱がでるとでてきてしまう
嫌なニキビ・口内炎・便秘を解消
してくれます!

(3)肌荒れの改善効果
苦み成分『モモルデシチン・チャラチン』が、整腸作用があり、便通を良くして
便秘に伴う肌荒れの改善もできます。

他にもこのような効果があります。

栄養《効果・効能》
・お肌を保護するビタミンB1・B2
・デトックス効果のある食物繊維
・むくみ改善に役立つカリウム
・お肌のキメを整えるカルシウム
・アンチエイジング効果のあるβカロチン


苦みが苦手で嫌いな人も多いですよね?

そんな人のために、苦みを消す方法をご紹介

《ゴーヤの苦み取り》

1.ワタ・種を取って薄切りにする。
2.塩を振って10分置き、水洗いをして、調理

それでも苦味をもっと消したいと言う人の場合、
熱湯に塩を加えて、薄切りにしたゴーヤを5秒ぐらい
お湯に通してください。

ゴーヤチャンプルは、
豆腐や玉子を使いますよね?

これも苦みを少なくする方法です。

それでは、ゴーヤでどんな料理が人気があるかご紹介します。

そのランキングは後半で♪

【スポンサーリンク】


↓↓

《ゴーヤ料理レシピ人気ランキングNo.1》

1.ゴーヤチャンプルー
⇒作り方

2.ゴーヤサラダ
⇒作り方

3.ゴーヤの佃煮
⇒作り方

4.ゴーヤの天ぷら
⇒作り方

5.ゴーヤカレー
⇒作り方

6.ゴーヤのおひたし
⇒作り方


7.ゴーヤの漬物
⇒作り方

8.ゴーヤの肉詰め
⇒作り方

9.ゴーヤ茶
⇒作り方

10.ゴーヤジュース
⇒作り方


☆おまけ
《ゴーヤの保存方法》

◆冷蔵保存
・保存期間-約1週間
種・ワタを取り除き新聞・キッチンペーパーでくるみ、ビニールに入れて冷蔵しましょう。
まず中のタネとワタを取り除きましょう。

◆ゴーヤの冷凍保存
保存期間-約1カ月
炒め物に使う様にカットして、
タッパー・フリーザーバックにいれる。

【スポンサーリンク】


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。